社会的ひきこもり若者支援機関情報・近畿マップサイト

イベント

「社会的」ひきこもり・若者支援近畿交流会主催
ヒキコモリ・コネクト session&symposium

ひきこもりは怠け者。ひきこもりはかわいそうな人。ひきこもりは甘えているだけ。ひきこもりは普通になれない人。ひきこもりは近寄らない方がいい危ないヤツ。ひきこもりはやさしくて真面目。ひきこもりは×××××。

――それらはきっと全て妄想。
あなた方の価値観を壊したい。
私自身の価値観を壊したい。
境界線が崩れてゆく世界へ――
ようこそ、ただいま。

イベントは終了しました!


お越しくださったみなさま、


本当にありがとうございました。

  PDFはコチラ

開催日時:2018年3月18日(日)10:00-17:00
会場:豊中市千里文化センター「コラボ」
(住所:豊中市新千里束町1-2-2)千里中央駅スグ
資料代:500円

後援:大阪府、高島市、豊中市、枚方市

分科会とシンポジウム

Ⅰ分科会 10:30-12:30(予定)今へつなげる、次へとつながる。
(※各部屋に分かれて行います)

1 ひきこもりと家族会のあり方
プレゼンター:古庄健(枚方市親の会世話人)
ひきこもり支援で家族会は大きな役割を果たしています。そのあり方について話し合いましょう。

2 「ひきこもりくん」をゲーム形式で育てよう!
ファシリテーター:中西淳 (フリーランスデザイナー)
架空のケースひきこもりくんをベースに、こもりながらでも成長できる方法をみんなで考えませんか。

3 企業人と語り合うこれからの仕事のカタチ
ファシリテーター:三浦雄己(社会福祉法人つむぎ福祉会)
内容:企業の方をお招きし、誰もが働きやすい環境を作るための「仕事のカタチ」についてアイデアを出しあいます。

4 言葉の響きを聴くワークショップ&食べる瞑想
プレゼンター:inoue(そば打ちアーティスト)×五條治(2児の父親)
声を出す。体を動かす。食べ物を食べる。日常的にしていることに、意識を向けてみませんか?
※当日は動きやすい恰好でお越しください

5 行政関係者と考えるまちづくりワークショップ
プレゼンター:是永宙(近江高島市議会議員)、竹内佑一(PSIカウンセリング)
行政で実施されている施策を聞いた上で私たちにできることをゲーム感覚で考えます。

6 「外」の居場所と余暇活動~ダイバーシティカップを例に

ゲスト:川上翔(認定NPO法人ビッグイシュー基金)
ひきこもり等、当事者向け以外の場や居場所について、ダイバーシティーフットサルを例に考えてみます。

7 これから若者支援を志す方のためのワークショップ
プレゼンター:伊藤康貴(社会学者)
最前線で活躍されている方を交え、これから現場に参入する際の悩みや問題点について話し合います。

8 ひきこもりと教育問題

ファシリテーター:宮城登(大阪市学校園教職員組合執行委員長)
教育学者、元教員、経験者ら、日本の教育に課題を感じている”当事者”が、内省的に「教育」と「ひきこもり」の問題について考えます。

&ゆるぺちゃ交流会(+休憩スペース)
特定のテーマで分科会に参加したいわけではないが交流はしたい方のスペースと、休憩所。

Ⅱ シンポジウム 13:30-15:40(予定)笑って、帰ろう。
THEひきこもり業界24人のから騒ぎ
ひきこもり関係者が24人も集まるシンポジウムとは、一体どんなものなのでしょうか。
「ひきこもり」ってどういう人なの?――答えは「人それぞれ」です。誰かが代表して答える事なんて、できません。「ひきこもり」は、多様なのです。「ひきこもり」の固定概念を覆したい!
当日は、司会・ゲストらの案内と共に、いくつかのテーマにもとづいた対話形式で進行します。同じ世界にいながらてんでバラバラな24名を迎え、今日は愉快なから騒ぎ。“多様性”について肌で感じて、そして笑顔で帰れますように。どうなるかは、来てのおたのしみ。

司会:
竹内佑一(PSIカウンセリング)

ゲスト:田中直之(千里地域連携センター センター長)、原未来(滋賀県立大学准教授)

イベントへの参加申し込み
ご参加を希望の方は、下記の申し込みフォームを使うか、①名前、②希望する分科会の番号、③シンポジウム参加の有無、を明記の上、下記のいずれかまでお送り下さい。
メール:mail@hikimap.org FAX:06-6616-9136 住所:〒550-0015 大阪市西区南堀江3-15-7-5A

申し込みフォーム(懇親会は定員超過のため締め切りました!)

例:近畿 太郎

   いずれかの分科会をお選びください

シンポジウム参加の有無 (必須)
   どちらかにチェックを入れてください

例:Kinki-Taro@hikimap.org


Copyright © 2015-2018 「社会的」ひきこもり・若者支援近畿交流会.All rights reserved.