2017年10月19日

ひきこもり居酒屋

Filed under: 滋賀県,集まる・つながる — Kokushi @ 10時47分01秒

調査票は支援機関が記入。
答えの[ ]内および設問に[調査員が聞き取り]とあるものは、
支援機関への聞き取りをもとに調査員が記入。

Q.団体名
ひきこもり居酒屋
Q. 主な活動場所
滋賀県大津市
[大津市石山駅徒歩5分。ひきこもりの隠れ家としてやっていますので、詳しい場所は公開していません。ご興味のある方は、お問い合わせください。
店舗前に駐車場もありますが、飲酒される方はお車の運転はお控えください。]
 Q.活動内容に関して
 

活動内容 活動時間
(曜日・時間)
費用 利用の際の注意事項等
居酒屋 不定期開催
19:30~22:30
投げ銭制 原則20歳以上
(お酒の提供があるため)

[料金はご自身の支払いたい額をお支払いいただく投げ銭制となっております。
食べ物は若干(前菜からで合わせて7品程度を7,8人分ほどの量)をこちらでご用意させていただきます。
飲み物も居酒屋なのでアルコール類も含めある程度はこちらで用意していますが、飲みたいものや、提供いただけるお酒などがありましたら、ご持参いただけるとありがたいです。
居場所の提供ですのでお好きに過ごしてくださって結構です。1人で淡々とおつまみを食べるもよし、ゲームをするもよし、テレビを見るもよし、店主とおしゃべりするもよし。もちろん何も話さなくてもOKです。無言歓迎。
詳しい場所や開催日についてはLINEまたはメールにてご連絡ください。]

 Q. 利用の際の条件など
お酒の提供があるため基本的には20歳以上、その他要件はありません。ただひきこもりという状態の性質上、精神系の薬を服用されている方もいらっしゃるので、その辺り大丈夫かの確認だけはするようにしています。
障害のある方も歓迎です(ただし、支援機関ではないので介護や介助の提供はありません)。
 Q. 活動理念など、活動をする上で大切にされていることについて
社会的つながりが弱く、家庭や学校、職場など以外に居場所を欲している方に、お酒と場所を提供する「居酒屋」としてやっています。
良くも悪くも「支援機関」ではありませんので、ご自由に過ごしていただいて構いません。
個人情報等への配慮のため、その場で知りえた情報は他言しません。プライベートな話を無理に聞き出すようなことも致しません。
ひきこもりの方、ひきこもりチックな方、ひきこもりだった方、ひきこもりたい方、その他の方、生きづらさを感じられておられる方、どなたでもどうぞ。
 Q. SNS等
LINE @kro7522y
 Q. メールアドレス
tfztmy@gmail.com
 Q. 参加・利用している本人の特徴など
今まで7~8回開催して男性が多いです。1回の参加人数はスタッフ入れて5~10人程度。
 Q. 本人が参加する場の雰囲気、本人と接する空間の雰囲気について
じんみりとしている雰囲気。日によってはお酒が入ってくるとひきこもりあるあるなどで徐々に場が温まってきて、良い雰囲気になってくることも。
最近はお客さんが当日の料理を作ってくださっているので店主も皆と一緒のようにお酒を飲むので、店主がベロンベロンに酔った時は電車が一緒の方向の方に肩を貸してもらって帰るなど、後片付けを皆さんがしてくださることもあります。
 Q. 始めた経緯[調査員が聞き取り]
大学生のときのボランティア活動をしていた時にオーナーさんと知り合い、その後障害福祉サービス事業所をオーナーさんや仲間と共に立ち上げる。
その事業所の居場所事業に来ているひきこもりがちな高校生の「学校には行けないけれど、ここになら通える」という言葉がヒントとなり、他の同じようなひきこもりがちな利用者と接するうちに、自身と生きづらさを抱えている人との相性がいいかも?と思うようになり、「お酒を飲みながらそういう人たちとコミュニケーションをとってみたい」という思いからオーナーと共に「ひきこもり居酒屋」をはじめた。
 Q. やってみて良かったこと、感じたこと[調査員が聞き取り]
来てくれる方と友達になれるのが嬉しい。
始めるまでは、ひきこもりに対してのイメージはこういう所に出て来られない人、状態だと認識していたのでほとんどお客さんは来ないだろうと思っていた。
しかし実際始めてみると、来る人は違っても毎回3~5人は来るし、中には料理を作りたいといって厨房に入ってくれる人までいるし、自分の持っていたイメージと違っていて驚いている。
 Q. 今後の目標ややってみたいこと[調査員が聞き取り]
不定期ではあるが、継続してやっていきたい。
ひきこもりを経験した人ってキャラが濃いから、色んなひきこもりに会ってみたい。
・ 調査員感想
はじめ名前を聞いた時はひきこもり経験者が始めた一般客向けのお店だと思った。
利用料が投げ銭スタイルなのは、財政状況が芳しくないことが多い当事者にとってありがたいし、夜の時間帯に家に居たくないときや、一人でいるのが不安で誰かと一緒にいたいけど誰とでもいいわけではないときに、友達の家に晩御飯を食べに行く感覚でいける場であることが魅力的。
何よりお酒を飲みながらその時間を過ごせることが、普段「支援」として日中の居場所活動をされているところとはまた違った居場所の魅力を感じたし、新しい「居場所」観に出会った気がする。(調査員1)

駅に近く公共交通機関利用者には便利、商店街の外れで人通りもそれほど多くなく落ち着いた環境である、元飲食店で厨房施設が本格的で様々な調理が可能である。
支援をしているという感じではなく、来られた方にあれこれ聞くこともないという事を聞きあまり干渉されず飲み屋の雰囲気が苦手な方でも静かに飲めるのではないかと思う。
是非来てくださいという感じではなく良かったら来てくださいというような肩肘張らない感じが緊張感がなくリピーターの多さにつながっていると感じた。
あまり他では見受けられない新しい形でのひきこもりの人が楽しめる居場所になっているのではないかと思う。(調査員2)

(最終更新日:2017年10月18日)


コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

Copyright © 2015-2017 「社会的」ひきこもり・若者支援近畿交流会.All rights reserved.