2016年1月19日

NPO法人グローバル・シップスこうべ(愛称・NOAH(ノア))

Filed under: 兵庫県,相談する,集まる・つながる — Kumono @ 21時39分31秒

調査票は支援機関が記入。
答えの[ ]内および設問に[調査員が聞き取り]とあるものは、
支援機関への聞き取りをもとに調査員が記入。

Q.団体名
NPO法人グローバル・シップスこうべ(愛称・NOAH(ノア))
Q. 主な活動場所
兵庫県民会館(〒650-0011 兵庫県神戸市 中央区下山手通4丁目16−3)
[ 最寄駅は 地下鉄山手線「県庁前駅」から徒歩1分、JR・阪神「元町駅」から徒歩7分です。周辺は官庁街で 閑散としています。また、兵庫県庁の近くで、隣が教会です。駐車場はあります(37台)が、兵庫県民会館の駐車場で有料です。]
 Q.活動内容に関して
 

活動内容 活動時間
(曜日・時間)
費用 利用の際の
注意事項等
自助グループ「交流の集い」 毎月一回(土曜日か日曜日)
15時~17時
無料 現在休止中
フリースペース「NOAH」 不定期 無料 現在休止中
ホームページによる情報発信
(支援機関情報や各種イベント情報など)
月に1回程度
 イベントのコーディネート、
プロデュース
兵庫県電話相談事業
(ほっとらいん相談)
事務局の受託
https://web.pref.hyogo.lg.jp/
ac12/ac12_000000034.html
月・火・水・
金・土
10時~12時
13時~16時
無料

今は、ノアとしての活動は「ほっとらいん」(電話相談の事務局事業)だけで、直接関わる部分はありません。ただ、イシス神戸やその他兵庫県のひきこもり地域支援センターブランチなどと共催のイベントをしているので、そこでノアの活動に触れることはできます。なお、現在クローズドの集会を企画しており、そこへの参加方法を模索しています。

これまで「グローバル・シップス こうべ」では、当事者会である「若者のつどい」、ひきこもりの男女の出会いの場をセッティングする「出会いのつどい」を香川で、『全国若者・ひきこもり協同実践交流会』で、それまではなかった当事者会を作る準備会である「交流のつどい」、そのほか「フューチャーセッション」、「ひきこもり大学」などを主催してきました。
ただし、「主催」は受付などで大変なので、今後はもういいと考えています。

※ひきこもり大学とは、不登校やひきこもり状態にある/あったことのある人が講師となり、「ひきこもり」体験を通じた見識や知恵、メッセージなどを、関心のある人たちに向けて講義するものです。「空白の期間」などとネガティブに受け止められがちな「ひきこもり」という状態像ですが、当事者ならではの捉え方を共有することを通じて、ひきこもり期間を通じて得たものへの価値を見出し、様々なネガティブな誤解を解いていくことを目的としています。(http://hikiuniv.net/ 参照)

※フューチャーセッションとは、最適解のない複雑な問題を解決するために、企業・行政・NPOなどのセクターの壁、組織内の部署の壁、専門分野の壁など、立場の違いを超えた対話により、協調アクションを生み出す場です。

 Q. 活動理念など、活動をする上で大切にされていることについて
 ひきこもり問題は、社会では甘えや病気として、福祉や医療の問題として扱われることが多いようですが、それだけでしょうか?やさしくて才能豊かな半面、人と少し違っている人が、同室を良しとし、変化を嫌い、思いやりを失った社会や家族の中で、味方も無く、自分を守ろうとする行為であり、「どう生きるのか?」という哲学的な問題も含んでいるのではないでしょうか?
私たちは、当事者として活動し、同じ当事者の方々とつながり、関係者や第3者との対話を進める中で、私たちが望む社会のあり方や生き方を考え、社会へと伝えていきます。
 Q.スタッフの人数(代表者含めスタッフ的な役割の人の数)
男性 女性
30代 2人 1人
40代 1人

役員報酬はありません。会計役は代表が行っており、かなり大変です。「ほっとらいん相談事務局」の受託以外の収入は、会費・寄付金が主です。ただし、支出は少ないです。(詳しくはホームページ参照)

 Q. スタッフプロフィール
 代表自身は、高校時代に不登校になり、卒業後ひきこもりになりました。その後、大学に行くが卒業後、数年間再びひきこもりになりました。ひきこもりから脱却したのは、①家族との関係②友人との関係③もともと興味があった「シェアハウス」ができたという3つの事柄がきっかけです。その後、2006年春、神戸にオープンした「NPO法人
情報センターISIS神戸」を紹介され、そこで体験発表・ホームページ作成などを行っていました。
その「情報センターISIS(イシス)神戸」に集まってきた当事者たちで当事者の会を作ろうということになり、2006年秋に任意団体「グローバル・シップス」を設立しました。ひきこもりを経験した当事者の声を社会にもっと伝えたいという思いから、2009年春に「NPO法人グローバル・シップスこうべ」として法人化しました。
 Q. ホームページ
http://www.global-ships.net/
 Q. SNS等
 

Twitter https://twitter.com/Global_ships
Facebook https://www.facebook.com/globalships
 Q. メールアドレス
kobe@global-ships.net
 Q.最初の相談者の割合について
 

属性 割合(%)
本人 80%
その他 20%
 Q. 上表「その他」とは
「ひきこもり」と自己定義しているわけではないですが、それに近いと感じている人(ニートや不登校経験者、その他「生きづらさ」を感じている人たち)の参加もあります。
 Q. 参加・利用している本人の特徴など
・自助グループやフリースペースなど
当事者よりの活動を目指しているため、基本的に当事者(経験者・元当事者)が多く参加しています。男性が多いですが、女性の参加もままみられます。年齢層は20代~40代が中心です。
 Q. 本人が参加する場の雰囲気、本人と接する空間の雰囲気について
 主な活動場所は、兵庫県民会館7階の青少年交流プラザ(セミナー室・交流サロン)です。とくに貸し切りにできるセミナー室での活動が多いです。基本的に机や椅子を丸く囲んで、情報交換や自助グループ的活動、フリースペースなどを行っています。またフューチャーセンター・セッション等を通じて、対話の場を作ったりもしています。本人の居場所として「来てよかった」と思える場づくりを目指しています。
[写真はセミナー室の入り口と部屋の様子です。]
セミナー室入り口 セミナー室
Q. 活動していて良かったこと・大変だったこと[調査員が聞き取り]
  よかったことは、いろいろな人に出会えたこと、仕事の依頼(司会・訪問)があることです。大変なことは、いろいろな人に出会うので、人間関係が大変なことです。
Q. 「グローバル・シップス」という名前の由来[調査員が聞き取り]
 主に、ISIS神戸において「社会不安と戦い、引きこもってからひょっとしたら精神が狂いそうな状態を過ごし、緊張と不安のストレス、さらに絶望と死にたいと思う日々を過ごし細々と静かな人生を獲得してきた生き方を10年20年と生き続けた若者に対して「引きこもり」という名称を使わず、日本の社会に生き抜いた地球人(グローバルヒューマン)と考えるようになった」ということから最初は団体名を「グローバル・ヒューマン」にしようとしたが、先にそういう名前の団体があったので、「ノアの方舟」のイメージで「グローバル・シップス」にした。
Q. 今後の課題・目標など[調査員が聞き取り]
  会計できる人がほしいです。これから(イベントも含め)何をしていくかも考えなければならないです。また、スタッフ会議をSNSだけでなく「フェイス・トゥ・フェイス」でやったほうがいいと考えています。
Q. 調査への助言、提言、応援コメント等
 府県をまたいでの情報、大切・重要だと思います。 イベント情報もあるといいかもですね。情報収集・更新が大変ですけど。
 ・自由記述
  兵庫県姫路市龍野町2丁目18番地が事務所所在地です(活動場所ではない)。
2014年度より、兵庫県のほっとらいん相談(青少年のための総合相談・ひきこもり専門相談)事業の事務局を受託しています。(https://web.pref.hyogo.lg.jp/ac12/ac12_000000034.html
現在各メンバーが多忙につき、定期的な集会は休止中ですが、将来的にはなんらかの形で再開したいと考えています。自助グループやフリースペースだけでなく、討論会や当事者研究会など幅広く模索しています。
・ 調査員感想
 代表は中間支援(他機関の情報提供など)に力を入れており、それはプロジェクトの理念に非常に近いと感じた。多忙のため、現在はあまり活動していないが、これまでさまざまなイベントを主催しており、今後はその経験・ノウハウを生かして他機関のイベントなどの「アドバイザー」として活躍することを期待しています。

(最終更新日:2016年1月19日)


コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

Copyright © 2015-2017 「社会的」ひきこもり・若者支援近畿交流会.All rights reserved.