2016年2月25日

枚方市役所 ひきこもり等子ども・若者相談支援センター

Filed under: 大阪府,相談する,集まる・つながる — Kumono @ 21時32分27秒

調査票は支援機関が記入。
答えの[ ]内および設問に[調査員が聞き取り]とあるものは、
支援機関への聞き取りをもとに調査員が記入。

Q.団体名
枚方市役所 ひきこもり等子ども・若者相談支援センター
Q. 主な活動場所
〒573-0032 大阪府枚方市岡東町12-3-410サンプラザ3号館4階
 Q. その他活動場所
〒573-0058 大阪府枚方市伊加賀東町6−8 枚方公園青少年センター内居場所「ひらぽ」
 Q.活動内容に関して
 

活動内容 活動時間
(曜日・時間)
費用 利用の際の
注意事項等
支援全般に
関する相談・
コーディネート
平日午前9時~
午後5時30分
無料 枚方市在住の義務教育終了後(15歳)から30歳代までの子ども・若者及びその家族等

専用電話(072-843-2255)で要予約(平日午前9時から午後5時30分まで受付)

居場所支援「ひらぽ」 毎週水曜日と、それ以外の曜日で3日程。合計月に7回程開催。午後2時~4時。 無料 ひきこもり等子ども・若者相談支援センターの相談者を対象に、相談員との1対1の関係から、次のステップへ、小集団での経験を積む場としておつなぎします。まずは、ご相談からご利用ください。
家族の会 毎月第2金曜日、午後2時~4時 無料 ひきこもり等子ども・若者相談支援センターの相談者(ご家族)を対象に開催。
Q.スタッフの人数(代表者含めスタッフ的な役割の人の数)
4人
Q. 専門資格・免許など
社会福祉士、社会福祉主事、臨床心理士
 Q. 活動理念など、活動をする上で大切にされていることについて
ひきこもり、ニート、不登校に関する相談をお受けし、継続して対応方法や支援を一緒に考えていきます。また、「枚方市ひきこもり等地域支援ネットワーク会議」(民生委員・児童委員協議会、社会福祉法人、NPO、行政で構成)と連携し、必要に応じて、より適した支援機関等におつなぎします。次のステップとしての居場所支援や、家族の会も行っています。
ご本人・ご家族、おひとりおひとりのペースに合わせて、一歩ずつ進んでいければと思っています。
 Q. ホームページ
http://www.city.hirakata.osaka.jp
 Q. 電話番号
072-843-2255(相談専用電話)
 Q. FAX番号
072-846-7952
 Q.最初の相談者の割合について(H28年度初回相談者の割合)
 

属性 割合(%)
本人 14.1%
本人と家族・その他 10.9%
家族・その他 75%
 Q. 本人が参加する場の雰囲気、本人と接する空間の雰囲気について
〇相談について
電話相談と面接相談があります。面接室が2つありますので、落ち着いた中でお話していただけます。市役所の窓口内ですので、周囲はほどよくザワザワしています。
〇居場所支援「ひらぽ」について
1回のひらぽにつき5人前後の参加者数です。ボランティアスタッフが1、2名、コーディネーターが1名一緒に活動をしますので、6、7人での活動です。こじんまりと落ち着いた空間です。
 Q. 家族・親が参加する場の雰囲気、本人と接する空間の雰囲気について
〇家族の会について
1回につき、2~4人程度の参加者です。職員が1、2人同席します。落ち着いた自由な空間です。
・ 調査員感想
 大阪府では市ごとにひきこもり支援への力の入れ具合が異なっており、全く支援を行っていない市もあります。もともと大阪府が行っていた支援を市レベルに引き継いだのですが、市側にはあまり伝わっておらず、府側としても周知・徹底するために市の担当者を呼んで会議を行っているのが現状です。そんな中で枚方市は当初からかなり先進的に力を入れています。(調査員1)

市役所なので当事者自身が初めに相談に行くのは難しいかもしれませんが、公的機関なので安心感はかなりあります(危険性が少ない)。調査票でも何回も出てきましたが、やはり継続性が課題なようで、そのためにも「枚方市ひきこもり等地域支援ネットワーク会議」が、逆に市役所をサポートしたりしています。こうした取り組みは他の市ではまだなかなか行われていないので、枚方市が一つのロールモデルとなって他の市にも普及すればいいなと思います。(調査員2)

※なお、平成29年度より担当課名・体制などが若干変更されているので詳しくは直接ご連絡下さい。

(最終更新日:2017年8月7日)


コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

Copyright © 2015-2017 「社会的」ひきこもり・若者支援近畿交流会.All rights reserved.