2017年2月12日

事務支援センター ソラーナ

Filed under: 働く,和歌山県 — Kumono @ 10時08分27秒

調査票は支援機関が記入。
答えの[ ]内および設問に[調査員が聞き取り]とあるものは、
支援機関への聞き取りをもとに調査員が記入。

Q.団体名
NPO法人エルシティオ 事務支援センターソラーナ
Q. 主な活動場所
和歌山県和歌山市鷺ノ森明神丁10
[南海和歌山市駅より徒歩 8分、バス停「宇治」より徒歩 2分、バス停「本町4丁目」より徒歩 4分。駐車場はあります。和歌山は車社会なので、車がおすすめです。]
 Q.活動内容に関して
 

活動内容 活動時間
(曜日・時間)
費用 利用の際の注意事項等
障害者就労支援 月から金
10:00~16:00
原則1割負担
(減免あり)
障害者手帳、年金手帳、自立支援医療等の受給が必要。
その他、障害者総合支援法の定めによる。
 Q. 活動理念など、活動をする上で大切にされていることについて
施策制度にとらわれることなく、その人の困りごとを共有し解決を探っていくというスタンス。
 Q.スタッフの人数(代表者含めスタッフ的な役割の人の数)
男性 女性
40代 3人
50代 1人 1人
  Q. 専門資格・免許など
介護福祉士
 Q. スタッフプロフィール
 不登校当事者から不登校支援サークル活動を経てひきこもり支援作業所の立ち上げにかかわる。その後、ひきこもりの出口支援と障害者の就労支援の合流点として、就労継続支援事業である「ソラーナ」を立ち上げる。
 Q. ホームページ
http://solana.biz/
 Q. メールアドレス
solana@npoelsitio.com
 Q. 電話番号
073ー498ー5883
 Q. FAX番号
073ー498ー8493
 Q.最初の相談者の割合について
 

属性 割合(%)
その他 100%
 Q. 上表「その他」とは
相談を外向けにしていないので、相談支援事業所や保健所等からの紹介がほぼ100%です。
 Q. 参加・利用している本人の特徴など
20代から40代。男女比8:2。
制度の上で障害者に分類されるひとたち
生活上の困難を自律的に解決するのがむつかしいひとたち
 Q. 本人が参加する場の雰囲気、本人と接する空間の雰囲気について
 「仕事をする」ということを重視しているので、「仕事してる」雰囲気です。基本個別に仕事もしくは学習していますが、封入作業や折り作業がはいると集団で取り組みます。

[写真は、看板と仕事場の様子です。もともとスーパーだったところを利用しています。仕事場のほかにも休憩室などがあります。]

 Q. 参加・利用している家族・親の特徴など
家族・親が参加する場を設けていません。まれに相談がある程度です。
Q.活動を始めたきっかけ[調査員が聞き取り]
 私は中学2年生で不登校になり、それから6~7年ひきこもっていました。もともと学校があまり好きではありませんでした。その後、高校時代はサポート校で過ごしまして、そこで大学に行くことを勧められました。その後、入学した大学で、あるサークルに入りました。そのサークルはもともと和歌山教育相談センターの先生たちが大学生に呼びかけてできたサークルで、当初は不登校の小学生を支援していました。私が入ったときは、不登校という範疇に入らない青年たち(「ひきこもり」という言葉の出始め)への支援が問題になり始めていた頃で、そういう青年たちは小学生と一緒では楽しむのは難しいし支援の出口が見えませんでした。
そうした状況で、教育相談センターの先生が支援団体(エルシティオ)を作るというので、そこに携わったのがきっかけです。大学で教員免許をとって、卒業後、少しの期間働きましたが教員としての不登校支援がやはりしんどかったという経験もあり、作業所としてひきこもりの支援を作るのが楽しそうだったのでこの道に進むことにしました。
ソラーナは当初、作業所の事務を支援することを主題に考えていましたが、個人情報の取り扱いなどシステム的に難しいので、現在の形態になりました。ちなみに「ソラーナ」というのはスペイン語で「ひなた」を意味します。
Q.活動の原点[調査員が聞き取り]
①大学のサークル活動において、不登校の子どもの変化がうれしかったことです。例えば、それまで自分自身を大切にしなかった子どもが、自分自身のことを大切にして他人にまで気を配ってくれるようになったことなどがありました。
②不登校の親の会に出て、自分の体験(不登校時代の失敗など)を話したことが、親たちの役に立ったような感じがしてうれしかったことです。それまでは、自分の失敗談が人の役に立つなんて考えたこともなかったです。
 Q.活動していてよかったこと[調査員が聞き取り]
 当事者さんとともに成長すること、当事者さんの変化する場に自分がいられることです。当事者さん自身はできることが増えていき、自分自身は人間としての幅、受容できる幅が広がったと思っています。結果としての支援だと思っています。
 Q. 今後の課題・目標など[調査員が聞き取り]
 法人(エルシティオ)として、新しい事業を増やすことです。現在の「共同作業所 エルシティオ(居場所)」と、「事務支援センター ソラーナ(作業所)」とは違うことをしたいです。現在は、障害者以外の人はソラーナを利用できなかったり、またはその逆の状況があるなかで、多様性のある事業(例えば「商店街との連携」などの案を考えています)を継続的にできればいいと思っていますが、時間的にも立場的にも難しいというのが現状です。
・ 調査員感想
 現在は主に精神障害者が多いいわゆる「B型作業所」ですが、ひきこもりの当事者は精神障害を併発していることもよくあるので、支援機関マップに含んでおります。主にパソコンを使った事務が中心ですが、手取り足取り教えてくれるわけではなく、ある程度自己学習が必要で、しかも作業中は全体的にとても静かなので、合う合わないがはっきりするかもしれません。

(最終更新日:2017年7月7日)


コメントはまだありません

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.

Copyright © 2015-2017 「社会的」ひきこもり・若者支援近畿交流会.All rights reserved.